おすすめ制汗剤の効果を調査してみた! | 制汗剤スクエア

汗をとにかく抑えたい!脇汗シートと制汗剤のW使用がオススメ | すでに多くの女性が使用している人気の制汗剤の効果などを紹介しているサイトです。どの制汗剤を使うか迷っている方、是非参考にしてください。選ぶ参考になると幸いです。


テーマ:制汗剤の基礎知識

夏の必需品とも言える制汗グッズですが、制汗剤を使っているのに、気づくと服に汗が染みていて困るという人も多いかと思います。そんな汗っかきの方におすすめなのが脇汗シートです。

脇汗シートには、服の内側に貼って脇汗を吸い取るものや、脇の方に直接貼って汗を抑えるものなどがあり、制汗剤で対処しきれない汗の悩みにも有効です。さらに制汗剤と併用すれば、より効果が期待できる脇汗シートの使用方法や使い心地について調べてみました。

肌に直接貼り付ける脇汗シート

脇汗シートは脇の汗をブロックするために脇の下に直接シートを貼って、服に汗が染みださないように汗を物理的にせき止めるという制汗グッズです。

透明フィルムや肌色のテープのものなど、肌に貼っても目立ちにくい外見で、薄着でも抵抗なく貼ることができ、実はこっそり使っているという人も意外と多いようです。

粘着性のあるシートは、汗をかいたら剥がれるのでは?と疑問に感じますが、製品の口コミを見ると粘着力が強いので汗で剥がれることはほとんどないそうです。

ただ、あまりに粘着力が強く、はがすときに痛みを感じたり、肌が弱い人は使用後に赤くなったりすることもあるようなので、事前にヒジの内側などで試してみるといいかもしれません。

また、肌に直接貼り付ける脇汗シートは、汗腺をシートで塞いで汗を止めるという仕組みで汗を抑えています。このため制汗剤をつけたまま脇汗シートを貼ると、脇とシートの間に制汗剤の成分が長時間密封されて肌荒れの原因となることがあるので、脇汗シート単体で使用するのが良いようです。


衣服に取り付ける脇汗シート

肌に貼るタイプの脇汗シートは肌がかぶれそうで心配という人には、衣服の側に取り付ける脇汗シートで汗染みを抑えましょう。

汗取りシート、あせワキパットなどの名称で販売されているこれらの商品は、服の袖と身ごろの間の脇が当たる部分にシートを貼り付けてワキの汗を吸い取り、汗染みやニオイを抑えるというものです。

肌に負担をかけることなく使用でき、制汗剤などと併用できるので、汗っかきな人や汗のニオイが気になる人はお気に入りの制汗剤と一緒に使うとより効果的です。

ただ、適切な場所に取り付けるのに慣れが必要で、ずれていると汗染みができてしまいます。また、脇汗シートの粘着剤で衣服が毛羽立ってしまうということもあるようです。

上手に貼れるようになると、日中汗をたくさんかいても、シートを取り換えるだけで済むので、服を何度も着替える必要が無く、汗っかきの男性にも愛用している人が多いそうです。


まとめ

制汗剤では対処しきれない脇汗の悩みには、脇汗シートを取り入れると汗染み防止に効果が期待できます。脇に直接貼り付けて脇汗を止めるるものや服のほうに貼り付けて、汗が服に染み込まないようにするものがありますので、肌の状態や目的に合わせて使い分けると良いでしょう。

とりあえず制汗スプレーを使っておけば安心という人もいますが、制汗グッズには様々な種類がありますから、組み合わせて使うと、より高い制汗効果を得ることができるでしょう。

すでに多くの女性が使用している人気の制汗剤の効果などを紹介しているサイトです。どの制汗剤を使うか迷っている方、是非参考にしてください。選ぶ参考になると幸いです。