おすすめ制汗剤の効果を調査してみた! | 制汗剤スクエア

汗の臭いだけを軽減!制汗剤はワキガを改善するものではない? | すでに多くの女性が使用している人気の制汗剤の効果などを紹介しているサイトです。どの制汗剤を使うか迷っている方、是非参考にしてください。選ぶ参考になると幸いです。


テーマ:制汗剤の基礎知識

体臭の管理はエチケットとして大切ですが、体質としてワキガの人は特に気を付けているのではないでしょうか。

汗のニオイや服に染み出す汗対策として、制汗剤を頻繁に使用している人もいるかもしれませんが、制汗剤の性質を把握して使用すればワキガの悩みを軽減できるでしょう。

制汗剤は汗が出る量を減らすもの

気になる汗のニオイを軽減できる制汗剤は、使い続けているとニオイが軽くなって、ワキガが改善できるような気がしてきますが、ワキガの原因は遺伝によるものなので残念ながら制汗剤では改善することはできません。

制汗剤は名前の通り汗を抑えるためのものです。制汗剤には汗を吸い取る吸収剤や肌表面や汗に含まれるタンパク質と反応して汗腺を塞ぎ、汗の分泌を抑える収れん剤などが含まれています。

制汗剤とデオドラント剤の違い

これに対してデオドラント剤と呼ばれるものは、汗が出る量を減らすことよりも汗が原因で発生するニオイを軽減することを目的としています。ちなみに運動した後に出る汗自体には、ほとんどニオイはなく、汗に含まれるタンパク質や皮脂が混ざって雑菌が繁殖することでニオイが発生します。

デオドラント剤はニオイの原因となる雑菌の繁殖を抑える殺菌剤や発生したニオイに吸着する消臭剤を有効成分としています。

市販されている汗対策グッズの中には、制汗剤とデオドラント剤の両方の効果が期待できる製品も多数販売されており、香りつきのものや、つけた瞬間に清涼感があるものなど、様々なものがありますので、ニオイの程度や使うシーンに合わせて選ぶと良いでしょう。


ワキガの人におすすめの制汗剤

汗を分泌する汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があるのですが、ワキガのニオイの原因となっているのはアポクリン腺によるもので、ワキガの人は一般の人に比べてアポクリン腺の数が多いと言われています。

エクリン腺から出る汗は99%が水分で、残りは塩分や尿素、アンモニアが含まれた成分で、ほとんどニオイがありません。

これに対してアポクリン腺から出る汗は水分が70~80%で、エクリン腺の汗に比べてタンパク質や脂質、アンモニアを多く含んでおり、白っぽく粘り気があります。ワキガ独特のニオイが発せられるのは皮膚に存在する細菌が、汗に含まれるタンパク質などを分解することが原因です。

ワキガを改善するために手術でアポクリン腺を取って減らしてしまうこともできますが、手軽な対策としては、ニオイの元となる汗の分泌量を減らし雑菌の繁殖を抑えることです。汗をかいたらこまめに拭き取り、殺菌性のある塩化ベンザルコニウムや銀イオンが配合された制汗剤を使用すると良いでしょう。

ワキガ体質の場合は香りで汗のニオイをごまかすタイプのものを使用しても、ニオイの発生源に対処することができず、汗のニオイとデオドラントの香りが混ざって不快なニオイになってしまう危険がありますから注意しましょう。


まとめ

ワキガは遺伝による体質的なものなので制汗剤で改善することはできませんが、ニオイの元となる汗の量や汗をかくことで増殖する雑菌の繁殖を抑えるのに効果が期待でき、上手に使用すれば、きちんと体臭を管理することができるでしょう。

すでに多くの女性が使用している人気の制汗剤の効果などを紹介しているサイトです。どの制汗剤を使うか迷っている方、是非参考にしてください。選ぶ参考になると幸いです。