おすすめ制汗剤の効果を調査してみた! | 制汗剤スクエア

エイトフォーやbanで毛穴が詰まる?制汗剤の正しい使用方法 | すでに多くの女性が使用している人気の制汗剤の効果などを紹介しているサイトです。どの制汗剤を使うか迷っている方、是非参考にしてください。選ぶ参考になると幸いです。


テーマ:制汗剤の基礎知識

制汗剤には使用頻度や使用する量は特に決められていないことが多いのですが、汗じみや汗のニオイが気になるからといって過度に使用すると、制汗剤のニオイが強くなりすぎたり、肌がダメージを受けて黒ずみの原因となってしまうので、正しい使用方法を守ることが大切です。

制汗剤の多用による肌への影響や、より効率的な制汗剤の使い方についてまとめてみました。

制汗剤を使用する際の注意

制汗剤に含まれる成分は肌表面の角質を引き締めて汗を抑える収れん剤、ニオイを作り出す雑菌の繁殖を抑える抗菌剤、汗腺にフタをして汗の分泌を抑えるパウダーのほか、汗のニオイをごまかす香料や独自の殺菌成分などが含まれています。

毛穴が詰まると言われる原因は、収れん剤やパウダーのような汗腺にフタをする成分によるものです。

しかし、シャワーを浴びたりお風呂に入って体を洗うことで、制汗剤の成分は流れ落ちてしまいます。また、時間の経過や大量に汗をかくことで、汗腺のフタは自然に取れてしまうので、日常的な使用であれば、特に問題は無いでしょう。

しかし、一日に頻繁に使用したり、ワキだけでなく、全身に制汗剤を吹きかけたりするのは肌にとってよくありません。

毛穴は汗腺だけでなく、身体の中の老廃物を排出する皮膚の排泄器官です。

ワキの毛穴が塞がれていても、老廃物は他の部分の毛穴から排出できますが、全身の大部分の毛穴が塞がれていては、皮膚は老廃物を排出することができず、逆に体臭がきつくなってしまう危険があります。

また、収れん剤として酸化アルミニウムなどの重金属が使われることが多いのですが、これらの重金属は、蓄積することで肌に悪影響を与えることが知られているため、敏感肌の人はもちろん、そうでない人にとっても、ワキの下の皮膚は他の部分に比べて薄く繊細なので多用はおすすめできません。


制汗剤の効果的な使用法

このように、使用方法によっては、肌に負担を与えてしまう制汗剤ですが、正しく使えば使用量を抑えることができ、肌に与える刺激を軽減することができます。

運動後や外から帰ってきた直後など、汗をかいたあとのニオイ対策として制汗剤を使う人は多いかと思います。汗自体にはニオイが無く、汗に含まれる成分によって増殖する雑菌がニオイの元になっています。

制汗剤は雑菌の繁殖を抑える働きがありますが、雑菌の増殖の元となる汗の上からつけてもあまり効果が得られませんから、汗をしっかり拭きとってからつけると良いでしょう。

また、制汗剤は汗をかく前に使用するものですが、シャワーや入浴直後などの肌がきれいな状態に使用すると、より高い制汗効果が期待できます。

制汗剤はエチケットとして不可欠という人も多いかと思いますが、汗をかいたらこまめに拭いたり、衣服を清潔にしておくなど、制汗剤以外のニオイ対策と併用することが大切です。


まとめ

エイトフォーやbanなど、ドラッグストアやスーパーでは、多種多様の制汗剤が販売されていますが、汗が気になるからと言って使いすぎると、毛穴が詰まったり肌トラブルの原因となる可能性があります。制汗剤をたくさん使うよりも、効率の良い使い方で汗やニオイを抑えましょう。

すでに多くの女性が使用している人気の制汗剤の効果などを紹介しているサイトです。どの制汗剤を使うか迷っている方、是非参考にしてください。選ぶ参考になると幸いです。