おすすめ制汗剤の効果を調査してみた! | 制汗剤スクエア

脇の部分が目立つ!洋服に汗染みができるのは制汗剤が原因? | すでに多くの女性が使用している人気の制汗剤の効果などを紹介しているサイトです。どの制汗剤を使うか迷っている方、是非参考にしてください。選ぶ参考になると幸いです。


テーマ:制汗剤の基礎知識

下着やブラウスの脇部分が変色してしまう汗染みですが、その原因は汗だけでなく、汗を抑える制汗剤が原因となっていることもあります。

大切な洋服を守るためにぜひ知っておきたい、汗染みができる原因と対策についてまとめてみました。

制汗剤で洋服に汗染みができる?

汗染みを抑えるために使っている制汗剤が、シミや黄ばみの原因となると聞くと、非常に残念に感じますが、間違った使用方法によっては、大切な洋服を汚してしまうことになりますから注意しましょう。

特に銀イオンを含む制汗剤は、殺菌効果が強くニオイの軽減に大きな効果があると言われていますが、衣類に付着した成分が、洗濯後も残ったままだと日光などの影響によって変色してしまうことがあります。

このような制汗剤は服を着る前に使用し、使用する回数や量が多くなりすぎないよう注意しましょう。
もし、しみになってしまったら、しみの部分に直接塗るタイプの衣料用漂白剤で落とすと良いでしょう。


脇部分にしみができる原因と対策

服に汗染みがついてしまう大きな原因としては、制汗剤の多用のほかに汗や皮脂によるものがあります。

汗腺には全身に分布するエクリン腺と脇の下など限られた部分に点在するアポクリン腺がありますが、特にアポクリン腺から出る汗は、水分の多いエクリン腺の汗に比べて、タンパク質や脂質を多く含み、服の黄ばみや体臭の原因となりやすいという特徴があります。

また、皮脂汚れも服にしみや黄ばみを作る大きな要因です。皮脂汚れは油性なので、洗濯で落ちにくく、少しずつ蓄積した皮脂が酸化して、首まわりやワキの下の黄ばみにつながります。

酸化した皮脂は、汗のニオイと並ぶ体臭の原因であり、若いうちのニオイの原因は汗であることが多いのですが、皮脂の酸化は加齢臭の元であると言われています。服の脇部分にしみや黄ばみがついてしまうのには、このような要因が関わっています。

普段からよく汗をかく場合は洋服の脇の部分につける汗とりパットなどを使用したり、皮脂が原因の場合は、首回りや脇など皮脂が出やすい部分を毎日よく洗ったり、汗をかいたらこまめにふき取りましょう。

皮脂汚れによる黄ばみは、衣服に直接塗るタイプの酸素系漂白剤が有効に使えるようです。


まとめ

一度黄ばんでしまうと、普通の洗濯方法ではなかなかとれません。大切な洋服を黄ばみから守るためには、日頃から予防しておくことが大切です。

汗のケアも大切ですが、そのために使用する制汗剤の使い方にも注意しましょう。

すでに多くの女性が使用している人気の制汗剤の効果などを紹介しているサイトです。どの制汗剤を使うか迷っている方、是非参考にしてください。選ぶ参考になると幸いです。