おすすめ制汗剤の効果を調査してみた! | 制汗剤スクエア

意外と知らない!市販の商品より医薬部外品の制汗剤が良い理由 | すでに多くの女性が使用している人気の制汗剤の効果などを紹介しているサイトです。どの制汗剤を使うか迷っている方、是非参考にしてください。選ぶ参考になると幸いです。


テーマ:制汗剤の選び方

普段ドラッグストアなどでなんとなく購入している制汗剤ですが、制汗剤も薬事法という法律が適用されており「化粧品」「医薬部外品」に分類されています。

薬やスキンケア製品と違って制汗剤のこのような表示を気にする人は少ないかもしれませんが、それぞれの分類にはちゃんと意味がありますから、正しく制汗剤を使うためにも一度確認しておきましょう。

医薬部外品、化粧品の違いとは

医薬部外品は、医薬品に比べて効果はマイルドですが、なんらかの効果をもたらすものを指します。治療を目的とした医薬品と違って、予防や衛生を目的としたもので、制汗剤の場合は、不快感や体臭の防止がその効果に当たります。

医薬部外品には、厚生労働省で許可された有効成分が一定量配合されているのが特徴で、スキンケア製品でも時々見かける「薬用」という表記は医薬部外品で許可されるものです。

医薬部外品を製造販売するには許可が必要ですが、ドラッグストアなどの小売店には、許可制度は定められていないので、スーパーやコンビニなどで購入することができます。

これに対して化粧品は医薬部外品よりも、さらに効果が緩やかなもので、体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりすることを目的としたものです。

医薬部外品のように効果や効能が認可されてないので、「皮膚を殺菌する」などといった、直接的な効能を広告やパッケージではっきりと明言することはできません。


医薬部外品の制汗剤をおすすめする理由

このように、医薬部外品は化粧品と違って、一定の効果・効能が得られることが認められているので、汗を抑えたい、汗のニオイを軽減したいという悩みには、医薬部外品に分類される制汗剤がおすすめです。

一般的には、パウダースプレーや直接塗るロールオンタイプの制汗剤は医薬部外品、拭き取るタイプの制汗シートは化粧品に分類されているものが多いようです。このほかに、あまり知られていませんが制汗剤にも医薬品に分類されるものがあります

通常の制汗剤に比べて効果が長く、多汗症の治療の一環として使用されるもので、処方には医師の診療が必要です。


まとめ

普段は何気なく選んでいる制汗剤には、医薬部外品、化粧品の違いがあり、それぞれ認められる効果の基準が異なっています。

制汗剤を使っているのに、イマイチ効果が感じられないという場合は、化粧品に分類される商品を使用していることが原因かもしれません。

医薬部外品、化粧品の表示はパッケー記載されていますので、早速チェックしてみましょう。

すでに多くの女性が使用している人気の制汗剤の効果などを紹介しているサイトです。どの制汗剤を使うか迷っている方、是非参考にしてください。選ぶ参考になると幸いです。